Mastro Pierini

"マストロ ピエリーニ”

イタリア中部Umbriaの工房にはMastro(親方)と呼ばれ慕われる職人がいる。多彩な職人である彼が手掛けるアイテムは幅広く、革靴を主として革鞄、革小物さらにはソファなどの家具までが彼の得意分野である。彼を一言で何の職人であるかを定義するのは難しい。だからこそ彼の愛称はMastroなのだろう。

鞄製作においてプレタポルテ選定の職人に選ばれ、整形靴の要素を取り入れた独自木型の革靴はイタリアを飛び越え他国からも一定の評価を受けている。独特な木型を用いた革靴は、既成靴でありながらも驚く程にコンフォートな歩行を可能にする。

厳選されたレザーの多くはタンナーにおける通常扱いのものではなく、極限られて流通されるものも少なくない。一部共同開発のレザーもあり、こうした他ではみることの出来ないマテリアルもより一層彼のアイテムに個性を与える。

Bottega di Pinocchio